名刺のデザインの例は、制作会社に必ずあります。

どんなものにしたらいいのか、提案してもらうのもいいでしょう。
プロから見ると、印象に残る方法も出てきますし、印刷に向いているデザインも提案してもらえます。

名刺イメージ

名刺を作るときには、いったいどんなものにしたらいいのか、迷ってしまうこともあるものです。
会社で決まりがある場合には、それに従っていくことで問題もありませんが、改めて作らなければいけない時や、個人事業を始めるときなど、どうしたらいいのか困ってしまいます。

自分でデザインを考える場合には、印象に残るようにしておくことが大切です。
名刺は自分の顔であるとともに、広告であるということを忘れてはいけないといえるでしょう。
ですから、相手が不快に感じない程度に目立つこと、そして必要な情報が記載されていることが大切なのです。

そこで、例としては、紙質を変えてしまうという方法があります。
デザインに関しては、多くの例がありますが、紙質に関してはなかなか提案されてきません。
しかし、受け取った時に、あまりにペラペラの紙だったらどうでしょう。
厚みのある素材と比べて、頼りなさを感じてしまいます。
手触りに関しても、ちょっと違うと感じさせることができれば、相手には印象を残すことができるといえます。

こういったことを少し工夫するだけでも、広告として印象に残り、あとから見ることもできるようになるのです。
ですが、過剰に厚くしたりするのは逆効果です。
相手も名刺を収納するわけですから、イレギュラーなサイズになってしまえば、面倒なものとなってしまうからなのです。

ページの先頭へ