名刺に書いてある類語で迷ってしまうぐらいならば

名刺イメージ

名刺を受取った時に、書かれている内容で意味が不明瞭なことがあります。

業務内容に関しては、時に類語が使われることがあり、同じような意味であるだろうとは推測することができても、わからないことは珍しいことではありません。 こういった類語に関しては、どう聞けばいいのか迷ってしまうものでしょう。

一番してはならないことは、わかったふりをすることです。
相手としても、類語のようなわかりにくい言葉は、いつも聞かれているためにわかっているものです。
それをわかったふりをされても、それは滑稽にしか映りません。
やがて、不信感に代わっていくのは、自明の理だといえるでしょう。
そういったことにならないように、わからないことは聞いてしまうことが大切です。

一言添えて、わからないことは、聞いてみることがいいでしょう。
不勉強で申し訳ございませんが、そう切り出されれば、嫌な思いをする人はいないものです。
相手もわかりにくいことを承知しているわけですから、丁寧に説明を返してくれるでしょう。

こういった類語の類として、住所や名前もあったりします。
難読であれば読めませんから素直に聞いてしまうことでしょう。
怖いのは、非常に似たような感じの使い方をしているのにもかかわらず、微妙に読み方が違うことなのです。
茂木とかいて、もてぎと読むこともありますし、もぎ、もき、しげきと読むことさえあります。
迷ってしまい、誤った使い方をするぐらいであれば、聞いてしまうということが大切なのです。

ページの先頭へ