両面カラー印刷の名刺を臨機応変に活用する

どんなものにしたらいいのか、提案してもらうのもいいでしょう。
プロから見ると、印象に残る方法も出てきますし、印刷に向いているデザインも提案してもらえます。

名刺イメージ

名刺の印刷方法の中には、両面カラー印刷があります。
いかに相手に印象を植え付けるかということを考えると、カラー印刷は強い味方になってくれるものだといえるでしょう。

最近では写真を入れたものも多く見かけ、名刺を見るだけで誰だかを思い出せるような工夫までされるようになりました。
その写真を効果的に活用するのであれば、カラー印刷が一番いいのです。

名刺の裏面もカラー印刷を行うということは、それだけ魅力的なものが書いてあるという期待を抱かせます。
なかなか名刺をいただいた際に、裏面は見づらいものですが、両面カラー印刷にすることでさらに興味をあおることになり、相手に強い印象付けを行うことができるようになるのです。

しかし、逆効果な面もあることは忘れてはいけません。
年配の方の中には、こうしたデザイン的にうるさいものを好まれない人もいらっしゃいます。
何でもかんでも強く打ち出せばいいというものではありません。
そのため、両面印刷とシンプルなものを二つ持っておくということも大切になってきます。

相手に対して印象を植え付けることが最大の目的です。
その印象が悪いものになってしまえば、名刺の効果はなくなってしまい、逆効果になってしまうということも忘れてはいけないのです。
自分がいいと思っていることが、相手にもいい評価を受けるとは限りません。
何でもかんでも現代風であればいいかといえば、それはマナーに反する行為であるといえるでしょう。
だからこそ、臨機応変に活用できることが重要になってくるといえるのです。

ページの先頭へ