名刺の裏に関するマナーを考えてみる

名刺イメージ

名刺を作る際には、表側だけではなく、裏も有効活用しているところが増えました。
広告としての機能も考え、紙面を有効に活用し、販売品目や営業科目を記載したりすることで、高い効果を生もうということになるのです。

名刺を作る際には、表側だけではなく、裏も有効活用しているところが増えました。
広告としての機能も考え、紙面を有効に活用し、販売品目や営業科目を記載したりすることで、高い効果を生もうということになるのです。

名刺の裏ですが、受け取った際にはなかなか見ることができなかったりします。
マナー違反であると思われている人も中にはいますが、これはそうではありません。
逆に見てほしいからこそ、裏にも記入しているのですから、気になるようであれば見るべきなのです。

その時には、一言「裏面を拝見させていただきます」そう付け加えればいいだけなのです。
マナーとは、相手が不快に思わないためのものなのですから、一言つけるだけで不快に思われることはないでしょう。
逆に裏を見ることによって、相手側の営業意図が見えたりしますので、会話も広がっていきますし、いいアイデアが生まれるきっかけにもなっていきます。
お互いのために、有効活用していくべきでしょう。

名刺の裏といえば、印象や内容をメモすることもあります。
名刺と一緒に情報を入れておくことによって、情報の離散を防ぎ、活用しやすくなるといえます。
ですが、頂いた場で書き込むのは、マナー違反であるといえるでしょう。
名刺は顔と同じものだと考えられます。
その裏側に、目の前で文字を書くということは、相手にとって不快極まりないでしょう。

こういった失礼な行為をしていては、まとまる話もまとまらず、いい結果を生み出すことはないと思わなければいけないのです。

ページの先頭へ